ホーム>きものコラム>着物とマナー>結婚式での友人・同僚の装い
着物とマナー

結婚式での友人・同僚の装い

結婚式 友人

友人・同僚の着物の装い 【結婚式】

訪問着

新郎新婦の友人・同僚として出席される場合は、訪問着、付下げ、色無地、未婚の方は振袖であれば、どのようなスタイル・会場でもまず問題ありません。特にお勧めなのは、古典柄(吉祥文様)の訪問着は、格式ある式や披露宴に最適な着物です。最近増えてきているレストランウェディングなどでは、モダンなお洒落な柄の訪問着・付下げに宝石などが施された帯留めなどをしてお洒落な装いで素敵です。袋帯、和装小物は礼装用をあわせてください。花柄や季節を表現した着物は、着る時期がありますのでご注意ください。

購入される際は、訪問着や付下げは略礼装からパーティー、改まった訪問、お子様の行事などにも幅広く着ることが出来る着物です。一枚目の着物は、どのような席にもふさわしい古典柄を選ぶ方のがお勧めです。色目は、少し明るめのトーンのものを選ばれますと長くお召いただくことができます。

 

付下げ

訪問着に準ずる着物として考えられる付下げは、訪問着と小紋の中間の位置付けであるため訪問着に近い柄づけの付下げ訪問着、縫い目で柄がつながらなくバランスよく柄が配置されたもの、小紋に近い柄など様々あります。小紋に近い柄づけのものは、小紋に間違えられる可能性もありますので幅広く着たいと思われる方は、購入の際によく考えてお選びください。祝の席にふさわしい古典柄の付下げは、格調高い袋帯をあわせると十分フォーマルな装いとなります。また、付下げは、訪問着ほど仰々しくなく一枚お持ちになると、とても重宝する着物です。

 

色無地

色無地は、紋の数で格が変わります。染め抜き五つ紋は一番格上の正装。
訪問着より格が上がる三つ紋色無地は、親族の装いにもなります。友人・同僚として出席される場合は、一つ紋の色無地となります。

色無地を選ばれる際に気をつけていただきたい点は、色目と地紋には注意してください。地紋には、弔事用と慶事用とがあります。また、弔事を思わせる渋い青系や紺色系などもできれば避けていただきたい色目です。濃い目の色目の色無地をお召になる場合は、帯や和装小物を明るめの色でコーディネイトするなどして全体の雰囲気を華やかにしてください。

色無地は、一色染めの着物で訪問着や付下げに比べますと華やかさでは劣りますので、格調高い華やかな袋帯をメインにコーディネイトしていただくことをお勧めします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://www.ayanas.co.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/30

お電話でのご注文・ご相談
0742-93-3638
メールで質問する
閉じる