ホーム>オンラインショップ>作家・工房で選ぶ>金銀細工>・伊庭拓也【銀峰工房】

・伊庭拓也【銀峰工房】(商品数:7件)

伊庭 拓也 京もの認定工芸士

京都在住の職人、牧江文男氏に師事し、2005年に独立。
金属工芸の技術を用いて、“かんざし・帯留め”等の和装小物の製作し、様々な技法や貴金属・宝石などを使用したオリジナルデザインの装飾品・ジュエリー等を手掛けています。

スペイン語学留学時に、宝飾作家マルコ・スアレスに出会い工房にて製作活動をし、物づくりの素晴らしさに感動してこの道に進むきっかけとなる。

経歴

2005年 京都伝統工芸専門学校金属工芸科卒業
2005年11月 独立
2005年12月 「NHK610」「NHKぐる~っと関西」 かんざし・銀細工作家としてTV出演
2006年2月 京の伝統工芸新人作品展最優秀賞受賞
2009年5月 京都大丸にて個展
2010年2月 京の伝統工芸新人作品展優秀賞受賞
2010年8月 京の次世代作家展出展
2011年2月  「京の若手職人総合技術コンクール」入選
2011年2月 京もの認定工芸士に認定
2011年2月 天満屋岡山店にて個展
2011年3月 伊と忠GINZA京都伝統工芸BOX展出展
2011年5月 京都大丸にて個展
2011年5月 関西テレビ 「アシタノカタチ」銀細工作家としてTV出演
2012年2月 岡山天満屋にて個展
2012年10月 KBS京都 「京都ふらり~」TV出演
2013年6月 京都高島屋にて個展『伊庭拓也金属工芸展

催事・個展

京都大丸・伊勢丹新宿・松屋銀座・岡山天満屋・阪神百貨店
大阪三越伊勢丹・草津近鉄百貨店等

掲載雑誌・掲載新聞

和楽・婦人画報・家庭画報特選きものサロン・なごみ・京都できもの・等でかんざし、帯留め掲載
読売新聞、滋賀リビング、中日新聞で銀細工作家として掲載

華道

峰風遠州流師範

カートを見る